映画も見放題、見逃しドラマも抑える動画配信サービス10選

映画もドラマもバラエティも見放題の動画配信サービスですが、動画を見るだけじゃ勿体無いですよ。隅々までサービスを理解して使いこなせば、節約にもなるんです。雑誌もコミックも本棚入らずで楽しんじゃいましょう。
MENU

動画配信サービス3つの注意点

動画配信サービスの旨味は動画を観ることではない

見たい映画や見逃したドラマがいつでも見られて、レンタルDVDのように返却する必要もない動画配信サービス。
定額料金で金額を気にすることもなく、映画やドラマを鑑賞できます。
ただ、動画を観るだけだと、実は全く元が取れないんです。
おそらく、一般的には見たい映画といっても、月に2本程度。
ドラマやバラエティを観るにしても、数日前に見逃したものを視聴するぐらいではないでしょうか。
それだけなら、民放公式テレビポータル「TVer」でも十分賄えると思われます。
動画配信サービスといっても、提供しているのは動画だけではありません。
雑誌、コミック、一般誌など書籍も読み放題となっているサービスがあるんです。
(読み放題といっても、雑誌であれば100誌程度など読めるものに限りはあります)
動画、書籍を隈なく利用することで初めて得をするのが動画配信サービスです。

 

動画の視聴と書籍の購読に見合った環境を整えるのは必須条件

動画配信サービスの視聴は動画だけで考えるとスマホやPC、タブレットなど画面サイズを気にしなくても楽しめます。
しかし、書籍となると、スマホだけというわけにはいきません。
コミックであれば、ギリギリスマホでもイケルと思います。
(個人的にですが、ワンピースは電子書籍で毎回購読していて、何とか読めています)
女性誌や一般誌はさすがにスマホというわけには行きませんので、PCかタブレットという選択肢になるはずです。
PCもお手軽感はちょっとないので、やはりタブレットで読むことになると思います。
タブレットを持っている方は知っていると思いますが、一番気になるのは重さではないでしょうか。
画面が大きくなればなるほど、重量は当然のように増えていきます。
例えば、何も考えずに10インチぐらいのタブレットを買ったとします。
お手元に届いた時に、意外なズッシリ感にちょっと引くはずです。
10インチぐらいだと、重量の相場としては、だいたい700g〜1kgぐらいのものが主流です。
女性誌の重さはだいたい500gぐらいですから、片手で持ってスワイプというわけにはいきませんよね。
テーブルに置いてじっくり読むというスタイルに落ち着いてしまうので、使い勝手はよくありません。
そこで、ここではオススメしたいタブレットを2機種ほど紹介したいなと思います。

 

安さと国産タブレットの安心感!『Android タブレット A205SB』

東芝 Android タブレット A205SB

 

東芝の10.1インチタブレットです。8時間駆動で重さは540g。片手で持ってもそれほどズッシリ感はありません。
SoftBank専用モデルですが、WiFiでも使えるので、Softbankユーザーでなくても大丈夫です。
値段も2万円を切るところで提供しているネットショップがあります。
東芝 Android(TM)タブレット A205SB SoftBank専用モデル

 

タブレット業界最軽量!『SONY Xperia Z4 Tablet Wi-Fiモデル』

SONY Xperia Z4 Tablet

 

SONYのXperiaタブレットです。タブレットでは最軽量の389g。防水仕様でバッテリーも16時間持ちのモンスタータブレットです。
ネックは価格です。普通に購入しようとすると10万円超えの超高級品です。
下のリンクは7万円台で提供しているネットショップです。
au Xperia Z4 Tabiet SOT31 ブラック

 

雑誌が読み放題ということは定期的に購入している雑誌を辞めることもできる

雑誌って、意外に小さくない出費ですよね。
女性誌でいえば、MOREは670円、CanCamは780円です。どちらも1回のランチ代に匹敵します。
おそらく普通は、1冊はマストで購入するとして、他の雑誌は書店で立ち読みしてナナメ読みでざっと確認することが多いと思います。
(書店さんには、ちょっと迷惑でしょうけど)
このサイトには、映画が見放題になる動画配信サービスを探して辿り着いた人が多いと思います。
もちろん、そっちがメインですので、じっくりご覧頂いて問題ありませんが、ついでで構いませんので、雑誌やコミックも購読できるということを知っていただきたいと思い解説しています。
さて、話を戻しますと、毎月読みたい雑誌をすべてタブレットで購読できるという大きなメリットです。
いろいろ雑誌を買っていると、定期的に訪れるのが古雑誌のゴミ出しですよね。
何冊かまとまってから紐で縛ってゴミ捨て場まで運ぶ…、結構な労力がかかります。
また雑誌の場合、ブックオフや古書店に持っていっても買い取ってもらえないことがほとんどです。
(たまに1冊10円ぐらいになることはありますが、割愛します)
なので、映画やドラマ、バラエティを観るついでに毎月購入する雑誌もペーパーレスにしてしまおう!というのが本サイトの意図です。

 

それでは、サイトをゆっくりとご覧ください。

映画好きにオススメしたいのはU-NEXTかFODプレミアムの2択

fod and unext

 

選ぶポイントは作品数、それとも料金?

動画配信サイトを選ぶ時に何を基準で選べば良いのか迷いますよね。
ちなみに動画配信サイトといっても、U-NEXT、FODプレミアム、Hulu、TSUTAYAディスカス、Amazonプライム、auビデオパス、DMM見放題ch、dTVなど現在は10社以上サービスを配信しています。
どこも魅力的な料金体系を提供していますし、豊富な番組数がラインナップされています。
その中でも、個人的に人にすすめるならという観点で選ぶとすると、U-NEXTとFODプレミアムになります。
番組数はU-NEXTが見放題65,000作品、レンタル45,000作品ととんでもない作品数を取り揃えています。
対して、FODプレミアムは約22,000本とだいたいU-NEXTの5分の1程度の作品数です。
というのも、FODプレミアムはフジテレビ系列のオンラインサービスなので、フジテレビで放送されている番組以外の作品があまり入っていないからです。
それでも、FODプレミアムを推す理由はやはり動画配信を初めて利用する人にも紹介しやすい料金設定です。
月額888円(税抜き)という低価格でドラマはもちろん映画も見放題で、かつ100誌もの雑誌が読み放題なのです。
コミックなどの電子書籍も都度購入で読めるので、他社サービスを掛け持ちする必要がなくなります。
ちなみに映画作品や外国ドラマ、キッズ向け作品などはフジテレビで放送されたものと限られているわけではありませんので、ご心配は無用です。
現在は初回31日間無料のキャンペーンを実施中です。

 

 

U-NEXTは、豊富な番組数とFODプレミアムにも引けを取らない70誌もの雑誌が読み放題になっています。
映画は、ウォルト・ディズニー、20世紀フォックスを始めとした大手映画会社8社から作品が提供されているので、あなたが観たい作品はほぼ網羅されています。
テレビ局もキー局5つ(フジテレビは含まれていません)の放送がアップされています。
地方では数ヶ月遅れでしか放送されないテレビ東京の放送もありますので、リアルタイムでチェック出来ますよ。
成人向け作品も多く取り揃えていますが、ペアレンタル機能がしっかりしてますので、子供用のアカウントで観た場合は、作品自体が非表示になります。
月額料金は1,990円(税抜き)とFODプレミアムと比べると2倍近い金額差があるのですが、毎月付与される1,200ポイント(1ポイント1円)を利用すれば、十分元は取れると思います。
実はこのポイント、映画館のチケットにも使えるので、ココぞという時に映画鑑賞チケットに交換するのも良い方法だと思います。
最近は、劇場と同時上映する試みも行われていますので、将来は映画館に行かなくても、家や出先で観られるようになるのかもしれません。
U-NEXTもFODプレミアム同様、初回31日間無料のキャンペーンを実施しています。

 


毎月もらえるポイントがエゲツないmusic.jpも捨てがたい

musicjp

 

タイトルからは想像できない「music.jp」動画配信定額サービス

知っている人は知っている音楽配信で有名なmusic.jpですが、上の画像でも示している通り動画も音楽も漫画も書籍も定額で配信されるサービスが提供されています。
月額料金は2,000円(税抜き)ですが、通常ポイント2,660円分の他に毎月8,000円分の動画ポイントが貰えるという訳のわからない特典が付いています。
動画は最大24本まで視聴することができます。その他に8,000円分の動画ポイントで映画18本相当の視聴が可能です。
通常ポイント2,660円分は音楽シングル1曲+コミック6冊分になります。

 

ちなみに扱っているコンテンツは以下の通り。

  • 音楽:620万曲以上
  • マンガ:17万冊以上
  • 書籍:17万冊以上
  • 動画:16万本以上

 

動画だけじゃなく、音楽もマンガも楽しみたいという方はmusic.jpも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。
ちなみに、公式サイトからはこの特別ポイントが貰えるサービスには行けませんので、必ず下のボタンから申込みましょう。
(移動先のページに「ご利用規約に同意の上申し込む」というリンクがあるのですが、特に何もありません。試しに押してみましたが、ページ最下部に移動するだけでした。お好みの決済のボタンを選んでお申し込みください)

 


韓流ドラマ、海外ドラマはリアルタイムで観たいという人はhulu

Hulu

 

動画見放題に特化した動画配信サービス「hulu」

雑誌とかコミックとかどうでもいい、とにかく韓流ドラマや海外ドラマを隅々までチェックしたいという人にオススメなのがhuluです。
月額933円(税抜き)で40,000本の映画やドラマが見放題です。それ以外のサービスはありません。とってもシンプルですね。
無料トライアル期間は2週間となっていて、2週間過ぎると課金されてしまいます。
(2週間を過ぎたその日に前課金されるので注意!)
他のサービスは1ヶ月と長めのものが多いですが、長すぎるとうっかり解約し忘れることって結構あると思います。
2週間でザッと眺めてみて、再生がスムーズか操作しやすいかチェックしてみると良いですよ。
ちなみに動画はすべてHD画質なので、くっきりはっきりした映像が楽しめます。
また、1アカウントにつき6プロフィールまで作成することが可能になりましたので、6人分の視聴状況に合わせて管理することができます。
(子供用のプロフィールは自動で視聴制限コンテンツがロックされます)
これ以上は特筆すべきこともありませんので、あとはお試しいただくだけです。

 


手軽に映画が見放題になるサービスが良ければ「auビデオパス」

auビデオパス

 

約10,000本の映画・ドラマ・アニメが見放題なauビデオパス

もう、とりあえず安ければOKという人にオススメしたいのが、auビデオパスです。
基本的にほぼ見放題ですが、新作の映画とかは都度課金になります。
ただ、毎月540円相当のポイントが貰えるので、それで新作映画を観ることも可能です。

 

ですが、実は動画見放題がおすすめのポイントではないんです。
このauビデオパスを契約することで、下記の映画館系列のサービスデーが利用できるんです。

 

映画割引

 

通常なら、キャリアスマホを契約していないと使えないサービスですが、auビデオパスを単独契約することでも利用できるんです。
auの契約をしていない人には画面が分かりにくいので、順序立てて説明します。

  1. 下部のバナーから移動して、「いますぐ無料で試してみる」ボタンをクリック
  2. 「登録カンタン!新規ご登録はこちらから」ボタンをクリック
  3. さらにページ最下部の「au携帯電話等、固定通信サービス、auでんき、ケーブルプラスでんきをご契約でない方はこちら」のリンクをクリック

これで、あなただけのau IDが発行されるので、映画割引も利用できるようになります。
TOHO CINEMASは映画の日の毎月1日と14日のシネマズデー以外は割引になる日がありません。
(レディースデーとは例外です)
このauビデオパスさえ契約していれば、毎週月曜日は映画が1,100円で観られます。
これだけでも、加入するメリットは大きいと思います。
ちなみに1人さえ契約していれば、友達や家族の分の映画代もあなたが取れば、映画割引が使えるのでグッとお得です。

 


動画配信サービス界の急先鋒「Netflix」、クレジットカード無しでも視聴する方法

Netflix

 

最近、テレビでも良くCMを目にする動画配信サービスといえば、Netflixですね。
クローバーフィールド・パラドックスやフラーハウス、ハリウッド版デスノートなど話題の作品が続々登場しています。
視聴方法は他の動画配信サービスと同じように、PCやスマホ、テレビでも視聴ができます。
(テレビはNetflix対応のものがありますが、なければAmazon Fire TVでも代用可能です)
契約方法はクレジットカードですが、ソフトバンクユーザーであれば、ソフトバンク経由で契約できます。
しかし、学生となるとそんなに自由にクレジットカードで契約するわけにはいきませんよね。
そういう方のためにも、Netflixはプリペイドカードを用意しています。
Netflix公式サイトではほぼ紹介されてないので、その存在を知っている人は少ないと思います。
Netflixプリペイドカードは、ビックカメラグループで取り扱っています。
ビックカメラは東北にはありませんが、コジマ、ソフマップもビックカメラグループですので、これらの店舗でもNetflixプリペイドカードを取り扱っています。

 

Netflixプリペイドカード

 

NETFLIX プリペイドカード ビックカメラグループ販売中

もうすぐ映画化する「コード・ブルー」、サード・シーズンより前の作品を観たいならTSUTAYAディスカス

TSUTAYAディスカス

 

FODやU-NEXTでコード・ブルーを検索してみると、実はサード・シーズンしかアップされていません。
ということは、DVDなどの映像媒体を探さないといけません。
最近では、市街地でもTSUTAYAを見かけなくなりましたので、ここは思い切ってTSUTAYAディスカスで借りてしまうのが手っ取り早いです。
TSUTAYAディスカスは3つのプランがあります。
オンラインで動画を視聴するプランとDVDやCDをレンタルするプラン、その両方を利用するプランです。
図で示すと以下の通りです。

 

TSUTAYAディスカスプラン

 

とりあえず、コード・ブルーのDVDを借りるだけなら真ん中の定額レンタル8で十分ですね。
(オンライン動画は他の動画配信サービスと被る可能性が高いので)
まずは30日間無料お試しでまとめて視聴しても良いですし、定額なので、様子見で借り続けても良いかもしれませんね。
(たまに観たい古い映画とかは、やっぱりTSUTAYAには敵いません笑)

 

TSUTAYAディスカス借り方

 

店舗で借りるよりグッと利便性が上がっています。スマホアプリで予約すれば、翌日にはだいだい届きます。
(郊外でも、翌々日ぐらいじゃないでしょうか)
返却がポストでも良いのが、本当に助かります。(家族に頼んで返すことも出来ますしね)

 

使ってみようかなと思った方は、以下のバナーでチェックしてみてください。

 

このページの先頭へ