BACCANO! -バッカーノ!-

1711年、錬金術師たちが悪魔から得た“不死の酒”。それを飲み、不死者となった者たちには、右手で“喰い合える”という奇妙なオマケがついていた。そして1930年代、その酒が再び現れたことにより、NYの裏社会で生きる人々の運命が複雑に交錯していく…。
MENU

第1幕「副社長は自身が主役である可能性について語らない」

第1幕「副社長は自身が主役である可能性について語らない」

 

第1幕「副社長は自身が主役である可能性について語らない」のあらすじ

1931年、禁酒法時代のニューヨーク。フィーロ・プロシェンツォは悪い予感を抱いていた。
そしてその不安は的中する。
幼馴染みのガンドールファミリーの縄張りに、見慣れない連中が幅を利かせるようになってきたからだ。
ラック・ガンドールはその対策として、殺し屋「葡萄酒(ヴィーノ)」をニューヨークに呼び寄せる。
しかし、シカゴからニューヨークに向かう大陸横断急行のその車内でも、一筋縄では行かないトラブルが発生していた。
一方、ガンドールの縄張りを脅かしていたルノラータファミリーのグスターヴォ・バジェッタはボスから一つの命を受けていた。
富豪ジェノアード家の次男坊にして無軌道な不良少年、ダラス・ジェノアードを捉えよ、と。
しかし、彼の妹イブ・ジェノアードもまた兄の行方を探していた。
かくして、いかれた奴らたちのBaccano!(狂宴)が今ここに始まった!

 

【無料】第1幕「副社長は自身が主役である可能性について語らない」

 

第2幕「老婦人の不安をよそに大陸横断鉄道は出発する」

第2幕「老婦人の不安をよそに大陸横断鉄道は出発する」

 

第2幕「老婦人の不安をよそに大陸横断鉄道は出発する」のあらすじ

仮装強盗のカップル、アイザックとミリアは、ゴールドラッシュの夢を追いかけ、カリフォルニアにいた。
しかし一向に成果の上がらぬ金鉱掘りに業を煮やし、列車強盗を企てる。
ふたりが乗車するのは、シカゴ発ニューヨーク行き大陸横断特別急行フライング・プッシーフット号。
しかしこの列車には奇遇にも一筋縄では行かぬ連中が集結しつつあった。
入墨顔の少年ジャグジー率いる不良グループ、殺し屋ラッドを中心とするいかれたマフィア軍団、そして黒一色を身に纏った謎の楽団。
とても一人旅にふさわしいとは思えぬ年頃の少年チェス。
彼らの目的は何なのか、そして出発した列車に広がる奇妙な噂「レイルトレーサー(線路の影をなぞる者)」とは?
いかれた奴らと各々の無鉄砲な計画を乗せて、大陸横断鉄道は出発する。

 

第2幕「老婦人の不安をよそに大陸横断鉄道は出発する」

第3幕「ランディとペッチョはパーティの準備で忙しい」

第3幕「ランディとペッチョはパーティの準備で忙しい」

 

第3幕「ランディとペッチョはパーティの準備で忙しい」のあらすじ

裏で情報屋を営むデイリーデイズ新聞社。
この新聞社にルノラータの配下がダラス・ジェノアードの行方を探りにやって来る。
そしてまたダラスの妹イブも、ここを訪れ訪れ兄の行方を聞くのだった。
時は二年さかのぼる。
「不死の酒」の醸造に成功したバーンズは、突然の火事に見舞われ逃げ出したところを、偶然居合わせたダラスに襲われるのだが――。

 

第3幕「ランディとペッチョはパーティの準備で忙しい」

 

第4幕「ラッド・ルッソは大いに語り大いに殺戮を楽しむ」

第4幕「ラッド・ルッソは大いに語り大いに殺戮を楽しむ」

 

第4幕「ラッド・ルッソは大いに語り大いに殺戮を楽しむ」のあらすじ

レムレース、ラッド、ジャグジーたちは各々の計画を一斉に開始する。
ラッドは列車内で起こっている出来事に興奮が収まらず、レムレースたちを次々と暴行し殺害していく。
一方「不死の酒」を奪われたセラードはその行方をエニスに追わせるため、バーンズの記憶と知識を手に入れようとする。

 

第4幕「ラッド・ルッソは大いに語り大いに殺戮を楽しむ」

第5幕「ジャグジー・スプロットは泣いて怯えて蛮勇を奮う」

第5幕「ジャグジー・スプロットは泣いて怯えて蛮勇を奮う」

 

第5幕「ジャグジー・スプロットは泣いて怯えて蛮勇を奮う」のあらすじ

レイルトレーサーから助かる方法を知ろうと、車掌室へ急ぐジャグジー。
しかし、ようやく辿り着いた車掌室には見るも無残な死体が転がっていた。
それを見たジャグジーは泣きながらも、自分たちの手でレイルトレー退治することを決意する。
一方フィーロは昇進の儀式の日ををむかえていた。
カモッリスタとして忠誠を誓うことを証明するため、フィーロはマイザーとナイフの決闘をするのだが・・・・・・。

 

第5幕「ジャグジー・スプロットは泣いて怯えて蛮勇を奮う」

 

第6幕「レイルトレーサーは車内を暗躍し虐殺をくりかえす」

第6幕「レイルトレーサーは車内を暗躍し虐殺をくりかえす」

 

第6幕「レイルトレーサーは車内を暗躍し虐殺をくりかえす」のあらすじ

大陸横断鉄道に現れた赤い影の怪物は、奇怪な動きを繰り返し、乗客を一人ずつ襲ってゆく。
血に染められた列車にジャグジーたちは言葉を失うが・・・・・・。
一方、フィーロにプライドを傷つけられたダラスは、ガンドール兄弟に助けを求める。
しかし、全く相手にされず事務所を叩き出されてしまう。
そして、ダラスの去った後、木箱の酒を手にしたのは、何も知らないラックだった―。

 

第6幕「レイルトレーサーは車内を暗躍し虐殺をくりかえす」

第7幕「すべてはアドウェナ・アウィス号の船上からはじまる」

第7幕「すべてはアドウェナ・アウィス号の船上からはじまる」

 

第7幕「すべてはアドウェナ・アウィス号の船上からはじまる」のあらすじ

1711年、太平洋上。
新大陸を目指す錬金術師たちは、不老不死の全てを手に入れようと悪魔を召喚することに成功する。
悪魔から「不死の酒」を授かった錬金術師たち。
しかし、その酒を飲み「不死者」となった者たちには互いが互いが喰いあうことができるという条件がついていた。
そして悪夢は始まった・・・・・・。

 

第7幕「すべてはアドウェナ・アウィス号の船上からはじまる」

 

第8幕「アイザックとミリアは我知らず周囲に幸福をまきちらす」

第8幕「アイザックとミリアは我知らず周囲に幸福をまきちらす」

 

第8幕「アイザックとミリアは我知らず周囲に幸福をまきちらす」のあらすじ

ダラスをおびき出そうとグスターヴォはイブを誘拐する。
ホテルの一室に閉じ込められたイブの身に危険が迫る―!?
時は少しさかのぼる。
ジェノアード家にアイザックとミリアの強盗カップルが姿を現す。
ダラスを心配し、落ち込んでいたイブは、突然やってきたおかしな二人組みに思わず噴出してしまうのだが・・・・・・。

 

第8幕「アイザックとミリアは我知らず周囲に幸福をまきちらす」

第9幕「クレア・スタンフィールドは忠実に職務を遂行する」

第9幕「クレア・スタンフィールドは忠実に職務を遂行する」

 

第9幕「クレア・スタンフィールドは忠実に職務を遂行する」のあらすじ

車掌室へやって来たラッドは、無残な二体の死体のうち一人が自分の手下デューンであることを知る。
この事件の真相とは!?
汽車に乗り込んだはずの殺し屋、「ヴィーノ」ことクレア・スタンフィールド」とは一体誰なのか!?
謎に包まれた作業着の女の目的とは何なのか!?
そして、伝説の怪物レイルトレーサーの正体とは――!?

 

第9幕「クレア・スタンフィールドは忠実に職務を遂行する」

 

第10幕「チェスワフ・メイエルは不死者の影に怯え策略をめぐらせる」

第10幕「チェスワフ・メイエルは不死者の影に怯え策略をめぐらせる」

 

第10幕「チェスワフ・メイエルは不死者の影に怯え策略をめぐらせる」のあらすじ

拘束されているヒューイは、娘であるシャーネと交信を開始する。
また20万ドルの報酬と引き換えに、乗客を皆殺しにして欲しいとラッドに話を持ちかけたチェス。
しかし、ラッドはためらうことなくチェスを撃ち殺す。
一方、エレアンの計らいでグスターヴォから逃げ出すことに成功したイブは、ダラスの失踪にガンドール兄弟が関わっているとの情報を得る。
そして、アイザックとミリアは「不死の酒」の木箱を抱えたダラスたちと遭遇するが――。

 

第10幕「チェスワフ・メイエルは不死者の影に怯え策略をめぐらせる」

第11幕「シャーネ・ラフォレットは二人の怪人を前に沈黙する」

第11幕「シャーネ・ラフォレットは二人の怪人を前に沈黙する」

 

第11幕「シャーネ・ラフォレットは二人の怪人を前に沈黙する」のあらすじ

レムレースとシャーネの関係を知ったラッドは、シャーネに襲いかかる。
そこに割って入ってきたのは自分は不死身だと豪語するクレアだった。
一方、セラードは、マイザーから「不死の酒」の調合法を手に入れようと、アルヴェアーレに乗り込む。
そして、エニスと再会したフィーロは、彼女がセラードによって支配されていることを知る――。

 

第11幕「シャーネ・ラフォレットは二人の怪人を前に沈黙する」

 

第12幕「フィーロとガンドール三兄弟は凶弾に倒れる」

第12幕「フィーロとガンドール三兄弟は凶弾に倒れる」

 

第12幕「フィーロとガンドール三兄弟は凶弾に倒れる」のあらすじ

騒然となった列車内。
ジャグジーは最後の敵にむかってゆく。
ラッドと対峙するクレア。縛り付けられたチェス。
そして、アルヴェアーレでマイザーに襲いかかるセラード。
ダラスに銃口を向けられるフィーロとエニス。
果たして彼らの運命は――!?

 

第12幕「フィーロとガンドール三兄弟は凶弾に倒れる」

第13幕「不死者もそうでない者もひとしなみに人生を謳歌する」

第13幕「不死者もそうでない者もひとしなみに人生を謳歌する」

 

第13幕「不死者もそうでない者もひとしなみに人生を謳歌する」のあらすじ

シャーネの前に立ちはだかるクレア、グースに立ち向かうジャグジー、セラードとエニス、そしてフィーロの運命は!?
それぞれが答えを求め、それぞれが最後の戦いに挑む!!
そして、全てが決着した後、フライング・プッシーフット号はニューヨークに到着する――。
最後に笑うのは一体誰だ!?

 

第13幕「不死者もそうでない者もひとしなみに人生を謳歌する」

このページの先頭へ