FOD 映画 この世界の片隅に

クラウドファンディングで3,374名のサポーターから39,121,920円の制作資金を集めた本作。日本全国からの「この映画が見たい」という声に支えられ完成した『この世界の片隅に』は、長く、深く、多くの人の心に火を灯し続けることでしょう。100年先にも愛され続ける映画が、ここに誕生しました。
MENU

この世界の片隅に

 

映画のあらすじ

すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。
昭和19年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していくなかで、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。

 

だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、幾度もの空襲に襲われる。
すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。
それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。

 

そして、昭和20年の夏がやってきた。

 

この世界の片隅に

このページの先頭へ