連続ドラマW プラチナタウン

エリート商社マンの山崎は同窓会で、財政危機に見舞われた故郷・緑原町の姿に愕然とする。友人の熊沢に町の再建を懇願され一念発起、会社を辞め緑原町の町長に就任した山崎は150億円の負債返済に向け、まず「老人向けテーマパーク」事業を発案する。
MENU

第1話

プラチナタウン

 

第1話のあらすじ

商社マンだった山崎鉄郎は、幼なじみの熊沢健二らに故郷の再建を懇願され、会社を辞めて緑原町の町長に就任。
鉄郎の元恋人・仲里恵里香はこれに驚き、また東光物産の児島由紀夫はある考えをめぐらせる。

 

プラチナタウン第1話

第2話

プラチナタウン

 

プラチナタウン第2話のあらすじ

鉄郎は、町議の定数削減と議員報酬のカットを提案し、議員たちから猛反発を食らう。
古参町議からも、緊縮財政を期待していたわけではないと圧力を掛けられる。
その頃、恵里香はフランスの老人ホームを訪問していた。

 

プラチナタウン第2話

第3話

プラチナタウン

 

第3話のあらすじ

鉄郎は、巨大老人ホームを建設し、緑原町を老人の町として活性化させるという救済策を思い付く。
役場の一同はこのアイデアに胸を弾ませる。
そして、懸案だった議会の承認を得ることに成功するのだが…。

 

プラチナタウン第3話

第4話

プラチナタウン

 

第4話のあらすじ

「老人向けテーマパークタウン」プロジェクトの準備が始まり、鉄郎は元同僚の牛島幸太郎に、四井商事の力を借りたいと打診。
さらに、このプロジェクトに取り組んでいることを聞きつけた恵里香も協力を申し出る。

 

プラチナタウン第4話

第5話

プラチナタウン

 

第5話のあらすじ

四井商事からの協力が得られなくなり、プロジェクトは暗礁に乗り上げたかに見えたが、東光物産の児島から引き受けたいと申し出がくる。
児島は、四井の指摘する計画の欠陥を補足するアイデアも提案してきた。

 

プラチナタウン第5話

このページの先頭へ